市民と長浜市が一緒につくる子育て応援ポータルサイト

MENU

パパママレポート(3)

特派員トーク!!「子どもの薬・アトピーについて」

ながまる特派員に寄せられたリクエストテーマ「子どもの薬・アトピー」について、特派員メンバーで情報交換トークをしました。

特派員A
アトピーじゃないけど、うちの子は幼児湿疹がひどかったんだけど、それまで通っていた病院から ママ友から聞いた病院にかえてみたらずいぶんとよくなったよ。
メンバー
ふーん
特派員A
薬もお医者さんによってはいろいろな薬を処方されるからね。
特派員B
ドクターの数だけ考え方も違うから、処方される薬とか合わないと思ったら思い切って変えてみるといいんだね。
特派員C
何でも「変える」ことって少し勇気がいるけど、「変えた」ことによって状況も「変える」ことができるね。
特派員B
アトピーの薬と言えば「ステロイド」。これもドクターによっていろいろな考えがあるみたいだね。
特派員D
「ステロイドは絶対ダメ!」っていうドクターや、「少し強めの薬を塗って一気に治しましょう」という考えもあったりして・・・
特派員C
アトピーでもなんでも、人によって症状も状況や環境も違うから、一概には言えないと思うけど、もし状況がいつまでも改善しないのであれば、他を試してみる価値はありそうだね。
特派員A
勇気はいるけどね。でも、うちの場合は変えてみて「正解」だったよ。
特派員E
薬じゃないけど・・「ホホバオイル」がいいって聞いたこともあるよ。
特派員B
「ホホバオイル」って何?
特派員E
オーガニックのオイルで、クレンジング剤とかにも使えるの。ベビーマッサージなんかでも使われているよ。
メンバー
へぇ~
特派員E
全ての人に適応するわけではないと思うけどね・・
特派員B
それは薬も同じだよね。
特派員E
それと、ずいぶん昔のことではあるけど、私の兄弟がひどいアトピーで苦しんでいたんだけど、土佐清水にある皮膚科のN先生ってとこに通ったらきれいに治ったよ。
メンバー
土佐清水?
特派員E
そう!!
メンバー
とおーーーーーーーーぉ!!
特派員C
私の知り合いも、横浜から青森まで年に2回のペースで通院していたよ。
メンバー
うわーーーーーーぁ!!またまたとおーーーーーーーーーぉ!!!
特派員D
誰もが藁にもすがる思いなんだね。
特派員B
遠いと大変!
特派員C
近くに信頼できる病院があるといいね。
特派員A
市内でも評判がいいっていう医院に行ってみたけど・・評判だけあってむっちゃ混んでた。
メンバー
あらあら・・・
特派員B
みんなが同じところに行っちゃうからかな?
特派員E
うちの近所に、日曜日もしてる医院があるよ。小児科でもあるんだけど、ケガとかしても応急処置してくださるからすごく助かってるの。
特派員B
へえ~どこどこ?
特派員D
東上坂町のO医院。今はめずらしい院内処方だし。
特派員B
わぁ。それいいね。やっぱり院外だと少しめんどくさく感じる時あるよね。登録とかのこともあるし、私はどの医院にしても薬局はいつも同じところに行くようにしているよ。
特派員E
薬局といえば・・弥高町にドライブスルーの薬局があって便利だったよ。
特派員B
ドライブスルー?
メンバー
へーーーぇ!
特派員E
しかも、前に待って車があったからか、コーヒーのドリンクサービスもあったよ。
メンバー
へーーーーーーぇ!すごい!!
特派員B
薬局までドライブスルーの時代なんだね。雨の日とか、小さい子ども連れの方には便利だろうね。

特派員メンバーの中でもいろいろな情報がありました。アトピーはもちろん、お子さんの病気やケガはとても心配です。
「なかなか症状が改善しないなぁ」と感じるなら、1方法にとらわれるのではなく、まず何か『変えてみる』ことにより、結果も変わってくるようです。
万人に効く薬はありません。どんな方法でも、合う合わないがあると思います。お子さんの様子をうかがいながら、ゆっくり「変えて」みてあげてくださいね。

アプリインストール

ながまるキッズイベントカレンダー

最新情報をお届けします。

メールマガジン

ながまるキッズFacebook

 

長浜市ホームページ  

ママフレサイトへ

PAGETOP
Copyright © ながまるキッズ! All Rights Reserved.